普段着の横浜を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月1日夜に関東で発生した地震で、JRの安全基準に遵守して、徒歩での目視
点検を行ったため安全確認に時間がかかったということでした。私鉄とJR、地震
後の利用はケースバイケースで各自で判断という時代になったようですね。

 あれから二日たちましたが、
本日2月3日午後1時37分ごろ、東北・関東地方で地震が起きました。
幸い交通機関と生活への影響はありませんが、影響があった場合はあなたならど
うしますか?。運転している他社線で帰宅するか、寄道して帰るか?。

寄道できる余裕が欲しいですね。


 48キロを徒歩で点検された皆さん、お疲れ様でした。
神奈川新聞より、

☆最新の地震指標導入で復旧に時間/JR☆
 一日夜に発生した地震の影響で、運転を見合わせたJR東海道線東京─大船間
など四路線の復旧は二日未明にずれ込んだ。JRは「スペクトル強度」(SI値)
と呼ばれる最新の指標を三年前に導入したが、「震度」などを使用する私鉄各社
は平常運行しており、結果的に明暗を分けた。「安全基準は変えない」とするJR
は「再開までの時間短縮に努める」と強調している。
 「なぜJRだけが」。一日夜、横浜駅で乗客は首をかしげていた。JR線がス
トップした一方、私鉄各線は平常通りに運行した。この差が生じたのはなぜか。
 JR東日本は二〇〇三年四月、運転規制の指標を、揺れの大きさを示す「地震
加速度」から、構造物の揺れの程度を示すSI値に変更。運転規制は四割程度削
減できるとし、昨年九月からは新幹線にも導入した。
 地震加速度は震度の算出データの一つだが、SI値は線路など構造物の重さや
性質も加味される指標のため、震度とSI値に“ずれ”が生じるケースもあると
いう。
 京急と東急、相鉄、横浜市営地下鉄の各線は、指標に「震度」を採用。小田急
線は「地震加速度」が指標。今回の地震では、各線独自の地震計が「震度3」な
ど、いずれも規制値を下回り、平常運行したという。
 JR横浜支社管内では、導入後に規制値を超え運転を中止して目視点検をした
のは今回を含めて三回。速度規制は一回。一方、京急線では同期間に速度規制が
計九回あったが、「震度6以上」が要件となる運転見合わせは発生していない。
 JR横浜支社広報室は「乗客に迷惑をかけ申し訳ない」とした上で、「現行の
指標と基準は妥当で変更はない。迅速な点検作業に努めたい」と理解を求めてい
る。
 鉄道総合技術研究所(東京都国立市)は「世界的にはSI値や加速度を指標と
するのが一般的」と指摘。ただ、「どのような指標で安全を確保するかの違いで、
当日の対応は各社とも正常」と話している。


 JR東日本は一日夜に発生した千葉県北西部を震源とする地震で、東海道線東
京─大船間など四路線で運転を見合わせた。二日午前零時半ごろ、四時間ぶりに
全線で運転を再開したが、計二百五十三本が運休、約二十三万七千人に影響が出
た。同横浜支社によると、作業員約百二十人が徒歩などで同線と横須賀、京浜東
北・根岸、横浜の各線の線路計約四十八キロ間を目視で点検。夜間のため点検に
時間が掛かったという。
スポンサーサイト

Theme:横浜!YOKOHAMA! - Genre:地域情報


管理者にだけ表示を許可する
http://loveyokohama.blog41.fc2.com/tb.php/83-341f1db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2blog. copyright © 2006 LOVE☆YOKOHAMA all rights reserved.
About myself

045

Author:045
横浜市神奈川区在住のバイク乗り。
loveyokohama045@yahoo.co.jp
障害者スポーツ応援クリック募金

市内全域ポイ捨て禁止
横浜市コールセンター

Sort
Recommend
Recent articles
Recent Remark
Recent Track back
Monthly Archive
ブロとも申請フォーム
Seek

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。